検索
  • BOO

やや寂しくて鳥増やしてます。


金メダルが2つになってご機嫌で、唐揚げを2つ食べた事は無関係な事ぐらいは充分に分かっていますけど、

そんな明日からの活力源に満たされた日曜の夜、皆さま如何お過ごしですか?

このブログは携帯から更新出来ると知りまして、これからは頻度良くなると思います。

さて、ウロコが孵化しています。

こちらはホオミドリアカオウロコのターコイズバイオレットです。

実はこの親2回目の産卵で、1回目は抱卵を放棄したので孵卵器に預けましたが、結果は2羽が無事に育ちつつあります。その2羽がこちら。

それからほどなくして産卵を始めました。

すると今度は8卵産みました。

これは中止卵になる可能性が高いので、2個をコザクラインコに預けました。

しばらく様子を見ていると、また2個を生み足してしまいました。

その為にまた2個をコザクラインコに預けました。

この時は親が抱く卵は全て有精卵です。

その後検卵をしましたら、親が抱く卵の1つは中止卵、コザクラインコが抱く卵の1つは無精卵でした。

親が5個の有精卵を抱き、コザクラインコが3個の有精卵を抱きました。

2月6日から孵化が始まり、親が抱いた卵は全て孵化しました。

2月6日 ターコイズバイオレットシナモン

2月8日 ターコイズバイオレットシナモン

2月9日 ターコイズバイオレットシナモン

2月10日 ターコイズバイオレット

2月12日 ターコイズバイオレットシナモン

このように順調に孵化しました。

そして次はコザクラインコに預けた卵です。

無事に2月16日に孵化しました。

ところが、餌を与えている様子が無かったので、挿餌をしました。2回の挿餌を与えた結果、雛に元気が出て親に餌を求める動作が強くなり、親は雛に餌を与え始めました。それからは挿餌を与えてはいません。

残りの卵は2個です。果たして孵化するのでしょうか。

きめ細かく面倒をみる母親。父親も給餌する事が分かりました。

赤外線カメラですから、シナモンか否か、画像を見るだけで判断出来ました。

#ホオミドリアカオウロコ

247回の閲覧
  • Wix Facebook page
  • Instagram Social Icon
  • Wix Twitter page
  • YouTubeのリフレクション