検索
  • BOO

孵化におけるドラマ。(ウルウル(T_T))


雨が降ると結構気温が低くて、やっぱりまだ夏とは言い切れないんだなと感じた今日この頃、皆様如何お過ごしですか。

燕の低空飛行があちこちで見られ、今日は雀が歩道上で交尾しているのは見た時は、二番仔の誕生も近いと感じたのでした。

先週お伝えした残り一つの卵ですが、結構なドラマがありました。

朝、巣箱の中を確認してみると、殻から雛が覗いている卵が確認できました。

私は瞬間的に、「殻から出れずに途中死亡してしまったんだ」と思いました。少なからずある事です。

取り出して土に埋めようと思い手に取ると、なんと、口がパクパクしていました。

しかし、卵膜は乾燥し、体に張り付いており、乾燥が進んでいるのは明らかでした。

ここで大事なのは、卵黄が体に吸収されているかどうかです。殻が割れ始めた時にはまだ卵黄は全て体に吸収されておらず、その時点で殻から出してしまうと、雛は死んでしまいます。

そこで、頭をずらして腹を見てみました。すると、卵黄は確認できず、大方、腹に吸収されていました。

これならば生かすことが出来ると思い、殻から出すことにしました。

お湯を人肌に温め、スポイトで卵膜を濡らし、剥がれる状態にしてから少しずつ剥がしていきました。

卵膜は全て取り除くことが出来ました。次に、殻から雛を取り出す作業です。

もう一度腹を確認すると、卵黄は吸収されているどころか、腹の中に見られません。

孵化直後の雛は、外からも確認できる程度の卵黄を腹に持っています。しかし、それがありませんでした。

この雛は長時間この状態でいた事を示しています。

親は必死で殻から出そうと慎重に殻を割り進めたのだと思います。でなければこの状態はあり得ません。

お湯を注ぎながら慎重に雛を取り出しました。そして、お湯の中で体を洗い、孵卵器の中で体力の回復を待ちました。一滴だけ湯を飲ませました。内臓を動かしたかったのです。

雛は1時間くらいはぐったりした様子でほとんど動きませんでした。しかし、徐々に足をバタバタさせるようになりました。そこで、フォーミュラーを薄く薄く溶き、嘴に垂らしますと、飲み込む行動を取りました。

ほんの少しそのうが膨らみました。無理に与えてはならないので、ここで孵卵器に戻しました。

内臓は餌が入る事により活動を始めますので、急激な動きは避けました。

そして、30分おきに餌を与え、温める事を繰り返すと、鳴き声も大きくなり、餌への食い付きも良くなってきたので、

少し多めに餌を与え、その後お腹がすいて鳴き声を出している時に親に戻しました。親の給餌本能を刺激するためです。

もし人間ならば、「死んだと思っていたけど、生きていたのかい!」てな会話でもあったように思います。

あとは、親に任せるだけでした。

そして、今はこんな感じです。他の兄妹に温められ、親にも抱かれ、大きさの違う雛の中で育っています。

恐らくここからは順調に育つことでしょう。

私は擬人的に鳥の事を表現するのは好きではありません。がしかし、卵を発見した時の状況からして、親は慎重に殻を壊したとしか思えません。

通常の孵化は、雛が殻の中で内側から殻を割り、一回転することで一周割り、足の力で殻を真っ二つに割って出てくるのです。ですから、この写真の様な状態は雛の行動としてはあり得ません。ですから親が取った行動なのです。少し感動しています。しかし、残念ながら卵膜が乾燥し、雛の体に張り付いてしまったため、雛は殻から出る事が出来なくなったわけです。

手前の一番小さな雛がその子です。ここまで来れば恐らく無事に育つでしょう。

マメルリハのアメリカン系兄妹も随分と大きくなりました。1号、2号はアメリカンホワイト、3号がアメリカンイエロー、4号がアメリカンホワイト、5号がアメリカンイエロー?の様です。下の2羽はまだ雌雄が分かりません。あと数日で分かる事でしょう。

下の写真はマメルリハのモーブです。孵化が始まりました。本日までに2羽孵化したのを確認しましたが、1羽は死亡したようです。上の方に殻があるのが分かりますかね?親の間に卵と雛が見られます。現在の抱卵は6個、7個目は孵卵器にあります。全てが有精卵です。果たして、どれだけの雛が無事に誕生し、そして成長するのでしょうか。

孵卵器で孵化した子も大きくなりました。まだはっきりしないのですが、この子はバイオレットモーブかもしれません。だとすると、ピュアホワイト作出の為にはベストな鳥になります。あと数日で分かる事でしょう。

その他のコザクラたちも成長しています。上の子はホワイトフェイスコバルトオパーリン、手前左はホワイトフェイスコバルト/オパーリン、手前右はホワイトフェイスアメリカンシナモンバイオレットです。どの子も淡い色合いで、お腹側の色が凄く綺麗です。生え揃ったら見ていただきます。


99回の閲覧
  • Wix Facebook page
  • Instagram Social Icon
  • Wix Twitter page
  • YouTubeのリフレクション