検索
  • BOO

ウロコその他の繁殖状況


夏休み中の方が多いと思いますが、ご無沙汰いたしておりました。

死んだんじゃないかと思われている今日この頃、ポケモンGOやりたいけど、暑くて外に出られない今日この頃、皆様如何お過ごしですか。

実は6月末にインドへ行って来まして、写真を撮りに行ったんですけど、準備とかその他帰国後の諸々で、更新に手が回りませんでした。

インドにも小鳥売りがいましたよ。イケメン君でした。こんな感じで売っています。

インドのバラナシというヒンドゥー教の聖地で、ガンジス河周辺の写真を撮りに行ってきました。

こんな感じです。

さて、鳥たちの繁殖は続いたのですが、やはり暑すぎて中止卵が多く出ました。ウロコは5ペアが産卵しましたが、ブルーパイナップル系とサンチーク系の孵化が宜しくなかったですね。バイオレットは5羽孵化して1羽は消えてなくなりました。恐らく死亡して食べられちゃったものかと。

下の子はホオミドリのターコイズバイオレットシナモンダブルファクターです。海外のブリーダーの写真を見てそのように判断しました。今回の繁殖で我家の親の色が遺伝法則から確定しました。

メスはただのブルーシナモンだと思っていましたが、海外の写真からすると、ターコイズバイオレットシングルファクターシナモンでした。オスはターコイズバイオレットダブルファクター/シナモンでした。

従いましてこの子はオスかメスか、どちらの可能性も持ちます。現在鑑定中。

はっきりとしませんが、国内で初めて生まれましたかね?

ひょっとしたらパイナップルかと思いましたが、シナモンの様です。隣のグリーンはグリーン/ダイリュート。

今回、ダイリュート系はダイリュート2羽、グリーン/ダイリュートが4羽でした。全て里親募集いたします。スプリット同士でもダイリュートが生まれる可能性は25%ありますから、ダイリュートをのんびりと狙う方にはお勧めです。一回の繁殖で1羽は生まれますよ。

この子たちはターコイズバイオレットのシングルファクターとダブルファクターです。オスならばスプリットシナモンですから、価値が上がります。かなり綺麗ですね。ブルー系とは明らかに色が異なります。

正面顔はホオミドリの顔です。現在10羽のホオミドリの挿餌をしており、どこにも行けません。まあ、仕方ないですね。

最初からこんなにバイオレットが濃いのです。シングルファクターは少しグリーンを感じる色見です。見れば分かります。

ターコイズバイオレットダブルファクターシナモンはプルー系好きにはたまらないと思います。けれど、バイオレット系は正確に理解していない人が繁殖していると、どんどん数が減ってしまうので、なんとか数が増えて欲しいものです。

バイオレットにスプリットは存在しませんからね。間違えた情報が出回っています。また、グリーンバイオレットは羽根を見ないと分かりません。逆にグリーンバイオレットをグリーンとして購入しているラッキーな方も居るかも。

いずれにしましても

バイオレットはスプリットが存在しません!

こちらは少し早く生まれたダイリュート。シナモンの面倒を見ています。今年の繁殖はこの子が1号でした。

小桜たちはホオミドリの登場でビビりまくりです。扉を開けて置いたら、ホオミドリが侵入して餌を食べ始めたものですから、かなりビビっています。

コザクラはホワイトフェイスコバルトバイオレットシングルファクターオパーリンとホワイトフェイスコバルトオパーリンでした。後から生まれた2羽の成長が、他の3羽と開いて苦労しましたが、今は心配なく育ちました。この子たちは全て募集中です。安定的に繁殖できるようになりましたので、価格を下げて募集いたします。お問い合わせください。

ダイリュートのドヤ顔です。黄色が綺麗な子ですね。私は黄色好きなので、サンチークやルチノーが欲しいのですが、そう簡単には行きませんね。サンチークも世間にはだいぶ出回りましたが、やはり自家産のサンチークを見ていただきたいものです。ルチノーはまだまだ高価ですから、当分はお預けです。

現在、コザクラが6ペア産卵中です。大コザクラ祭りになるかも。9月の中頃にだいぶ孵化しているかも知れません。ホオミドリは今シーズン終わりでしょうね。


1,740回の閲覧
  • Wix Facebook page
  • Instagram Social Icon
  • Wix Twitter page
  • YouTubeのリフレクション