DNA SEXING

DNA鑑定による雌雄判断の勧め

■DNA鑑定に基づく雌雄判断をしましょう。

 

飼われている鳥の雌雄が分からなくて困っている方は、DNA鑑定による雌雄判断をお勧め致します。

 

鳥の雌雄判断は飼育経験の長さで判断精度が上がる訳ではありません。羽色などで明確に雌雄が異なる場合以外、例えば体格や骨盤の開きなどで雌雄を決するのは大きなリスクが伴います。私もショップやブリーダーの経験値で判断された鳥を購入した中で、半数以上が雌雄の判断を間違ったものでした。数年飼い込んで産卵しないとか、雄だと思って購入したら卵を産んだとか、その類の話は良く聞きます。

 

飼育経験値は雌雄の誤判断を保証しません。

 

当方はそのようなリスクを飼主に与えてはならないと考え、販売する全ての鳥を雌雄判断しています。雌雄を決する要因は、羽色の違いや遺伝子によるものがありますが、それ以外の場合は、全てDNA鑑定により判断します。この方法が現在の鑑定方法で最も精度が高いものです。海外には内視鏡による卵巣確認の方法もあるそうですが、日本には今のところ存在しないようです。

 

当方ではDNA鑑定の代行を受け付けております。被験鳥の羽(風切羽や尾羽が良い)を2枚送付してください。問合せフォームより申し込んでください。その際は下記の3点を記入願います。

①鳥の種類を英語名か学術名で。

②足環などがあればナンバー。鳥の名前でも良いです。

③オーナー(飼主)の名前。

以上の3点が鑑定書に記載される内容です。

価格は1羽につき3,000円になります。2週間以内には結果をメールにて報告し、3週間程度後に鑑定書を送付いたします。

​2020年4月1日からDNA鑑定を受け付けておりません。

血液によるDNA鑑定

羽根によるDNA鑑定

  • Wix Facebook page
  • Instagram Social Icon
  • Wix Twitter page
  • YouTubeのリフレクション